top of page
  • pabpab

OKIOKIレンタカー貸渡案内事項

更新日:2023年9月18日

1.□ご利用上の注意事項

・ご利用中の車両が故障及び走行中に異常が発生した場合は、ただちに運転を取りやめ

営業所へ連絡の上、異常、故障の確認を行い指示に従って下さい。

※故障の状況によってはレンタカーの引き取りが発生する場合がありますのでご注意下さい。

※貸し出しの車両が使用不可となった場合には、その時点でレンタカー契約は終了となります。

タイヤのパンク・修理・ホイールキャップの紛失・損傷等につきましてはお客様負担とまります。

・衣類が濡れたままの乗車、砂を払わない状態での社内利用はおひかえ下さい。

海水やドリンク溢しによるシートの濡れ、砂などによる著しい汚れは清掃費用(最大20,000円)、NOC(30,000円)をご請求させて頂きます。


2.□駐車違反について

・返却までに必ず反則金をお支払い下さい。納付できなかった場合は駐車違反違約金25,000円と

レッカー移動費用等の諸費用の全額をお支払い頂きます。


3.□ご利用期間の延長について

・ご契約の返却時間から遅れる、または延長をご希望される場合は必ず当店までご連絡下さい。

ご利用時間の延長が可能な場合、返却時に超過料金のお支払いをお願い致します。

なお、ご連絡なく無断で延長された場合は超過料金とNOC(30,000円)をお支払い頂きます。


4.□事故発生時の場合と補償外について

車両の使用中に事故に遭われた場合には、事故の大小に関わらず警察署への届出と

当営業所への連絡を必ず行って下さい。

 ※事故発生時の際に警察との事故処理、営業所への連絡を怠った際は

休業休車補償(『NOC』ノンオペレーションチャージ)を加入である場合でも

補償の適応外になります。

※事故により車両に損傷があった際には早急に帰着をお願い致します。

※事故の損傷により安全に走行が出来ない場合や走行不可となった場合には、その時点で

レンタカー契約は終了となります。


5.□貸渡年齢について

OKIOKIレンタカーでは自動車1種免許の取得から1年未満または2年以上運転の事実がない

場合の貸渡は不可としております。


6.□休業休車補償料『NOC』(ノンオペレーションチャージ)について。

1.レンタカーが自走可能な場合 50,000円

2.レンタカーが自走不可能な場合 100,000円

 ※自走返却されても重大事故、重大な破損等については免責金として100,000円

  申し受ける場合もございます。

 ※禁煙車での喫煙行為が確認された場合も、休業補償の対象となりますのでご注意下さい。

(灰皿の持ち込みや、窓を開けての喫煙の場合もNOC対象となりますのでご注意下さ       い。)

 ※その他、飲み物、濡れた衣類での乗車による、座席シートの汚れなど。



7.□レンタカー料金に含まれる保険補償制度について


対人補償  1名につき無制限

      (自賠責保険含む)


対物補償   1事故につき無制限

      【自己負担額(免責額)5万円】   


車両補償   1事故につき車両時価額まで

       【自己負担額(免責額)10万円】


人身傷害補償  1名につき3,000万円

       (障害額は保険約款に定める基準に従い算出されます。

 ※人身傷害補償の適応に関しては、必ず警察への人身事故の届出と医師に                             よる正規の治療を要します。


8.□NOC(ノンオペレーションチャージ)及び、補償適用外について

NOC(ノンオペレーションチャージ)加入の場合でも

下記のような運転または状態で事故が発生した場合は、事故による損害が全額

お客様負担となります。


●警察と営業店の両方へ事故届が無かった場合

●契約書記載運転者及び副運転者以外の運転による事故の場合

●無断でレンタル時間を延長して起きた事故の場合

●その他、レンタル約款(貸渡約款)に違反した場合

●飲酒運転、無免許運転の場合

●盗難によって生じた車両損害の場合

●海岸、河川敷、林間等、維持、管理された道路以外で走行した場合

●使用方法が劣悪なために生じた車体等の損害や腐食の補修費が生じた場合

●各種テスト競技に使用し、または他社の牽引、後押しに使用した場合

●お客様の所有、使用、管理する車両等との事故によるレンタカーの車両損害が生じた場合

●営業店内でレンタカーや看板等を破損した場合

●操作ミスにより故障した場合

●車内装備を破損、紛失した場合

●タイヤホイール及びホイールキャップを紛失した場合

●悪質な交通違反による事故の場合

●悪質または故意と認められる事故の場合

●車両管理不行き届きによる損害事故の場合

●鍵を紛失された場合(一律30,000円をご負担頂きます)

●給油時の油種の間違いの場合

●当て逃げ被害時に加害者が不明な場合

●その他、交通ルール違反に該当する場合

当社保険・補償制度の補償限度額を越える事故の場合、補償限度額を越えた分はお客様に一括してお支払いいただきます。


閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page